更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期のうつ…女性ホルモンの現象や身体的症状が原因の場合。

更年期のうつ症状について解説していきます。
更年期障害はホルモン、とりわけエストロゲンの分泌量の減少によって起きる症状です。
そしてそれは、閉経前後の女性に起こりやすいとされています。
総じた症状は自律神経失調症に近いのが特徴です。
たとえば、脈が早まる頻脈、動悸、血圧が上下する、耳鳴りが起こる、腹痛や下痢、発熱、ほてる、ホットフラッシュ、めまい、不眠などが主だったものです。
またこれにくわえて情緒不安定、不安感や焦燥、抑うつなどの精神的な症状が現れることも多く、中には深刻な状態に陥る人もいます。
これは更年期障害を発症しやすい年齢にもかかわりがあって、女性の社会的な役割が変わる時期とちょうど重なっていることがよくないのです。

更年期のうつ…社会や家庭での役割の変化、「燃え尽き症候群」?

女性で四十歳から五十歳というと、ちょうど子供もひとり立ちをして、とりあえずの役目から開放される時期です。
これは男性にも同じようなことが言えるのですが、急にやることがなくなったことが原因でうつに陥ってしまう、というのはとても多いケースなのです。
これに関しては器質的なものだけが原因ではないので、「こうすれば治る」或いは「こうすればかからない」という明確なラインは存在しないのですが、傾向としてある程度発症を抑制することは可能です。
更年期のうつに特有なのは「役割がなくなった」という喪失感です。
これは学校を卒業したり何かの目標をやり遂げた後などのバーンアウト現象、いわゆる燃えつき症候群とも類似し、「何をしたらいいのかわからない」という戸惑いが「何もする気になれない」という無気力状態へ移行し、心身を失調させてしまうのです。
更年期のうつというのはいわば「何もしないことに疲れてしまった」という状態で、このような状態は人間を急速に衰えさせます。

更年期のうつの治療…薬物やホルモン療法も。予防には運動などの習慣も。

外部的には更年期のうつをホルモン療法などで治療するのも有効です。
しかし、ホルモンバランスなどの身体的な原因がなくなっても、精神的な原因も同時に解消しなければ、器質的な原因のないうつ――いわゆる、通常のうつ病へ移行してしまうケースも起こりうるのです。
更年期のうつを防ぐ一番の方法は、まず身体を動かすことです。
これは精神的に落ち込んでいるときにはかなりつらいものだとは思いますが、それでもやっぱり適度な運動こそが症状を改善させる一番いい手段です。
理想をいえば、たとえ落ち込んでいようとその時間になると自然に運動を行う習慣を身に着けてしまうととてもいいと思います。
これは身体を鍛えるというよりも、更年期のうつを精神的に抑制することが目的なので、運動自体はごく軽いもので充分です。
それよりは継続して行うことのほうが、何倍も重要だといえるでしょう。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期のうつ(鬱)

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top