更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

プチ更年期障害…不正出血やほてりとかあるけれど…。

プチ更年期障害という単語を耳にしたことはありませんか?
プチ更年期障害とは、更年期障害の症状は出ているけれども「更年期障害の定義」に当てはまっていない状態のことを指します。
更年期障害の定義とは、「卵巣の機能が停止した結果起こる障害」ということになります。
ですので、更年期障害の症状として起こりうる「自律神経失調症に類似した症状」「脈が速くなる」「動悸がする」「血圧が激しく上下する」「耳鳴りがする」「腹痛」「下痢」「微熱」「生理不順」といった症状が現れたとしても、検査の結果卵巣の機能が持続していれば医学的には更年期ということはできないのです。

更年期障害の定義…卵巣の機能低下によるエストロゲン減少に伴う症状。

そもそも、更年期障害とはどういった障害なのでしょうか?
更年期障害は、40代中盤を超え、卵巣の機能が衰えることにより身体の中のエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが減少することによって引き起こされる障害のことを言います。
女性の身体の中には、このエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)といった女性ホルモンが存在し、妊娠や出産、月経の周期などに深く関わっています。
そして、これらエストロゲンやプロゲステロンの分泌量と時期をつかさどっているのが脳下垂体や視床下部といった脳の一部分になります。
閉経が近づくと、卵巣からのエストロゲンの分泌量は減り、身体はこの変化に順応しようと努力を始めます。
要するに、このとき脳はエストロゲンの分泌を促し続けるわけです。
しかし、いくら脳が指令を出しても、卵巣の機能は衰えていてそれに応えることはできないのです。
そうした中で身体は混乱を始めます。
特に、女性ホルモンの司令塔とも言える視床下部は自律神経のコントロールに関わっているため、更年期障害では自律神経失調症に似た症状が出ると言われています。
他にも、イライラやめまい、ほてりやのぼせ、動機や息切れなどといった症状にも表れるようになります。
最近、そうした症状が20〜30代という若い女性にも起こり始めています。
もし万が一これらの症状が発症し、卵巣の機能が低下したり停止しているようであれば、早発閉経(40歳以下の女性が閉経してしまうこと)ということになります。
無理なダイエットや、過度のストレス、過労などがその原因にあると言われています。
しかし、実際には本当に閉経している女性はその中では稀で、そのほとんどはストレスやダイエットによるプチ更年期障害なのだそうです。
プチ更年期障害はバランスのいい食事や規則正しい生活で防ぐことができます。
運動なども行いストレスを解消して、プチ更年期障害を予防するようにしましょう。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について プチ更年期障害

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top