更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期の妊娠? 完全な閉経前で排卵があれば可能です。

更年期の妊娠について解説していきます。
閉経の年齢というのは、一般的には五十歳の前後がもっとも多いです。この年齢の前後を更年期といい、特に女性において様々な疾患にかかったり体質の変化が現れてくる時期だと言います。
卵巣がその器官の役目を終え、エストロゲンを初めとするホルモンが減少していくために、この時期には様々な異変が現れてきます。
更年期障害の症状は、まず月経異常が起こることがもっとも多いです。
つまり生理不順などです。
生理の周期が不順になり、数ヶ月から数年の間に月経が完全に止まります。
この他にも機能性子宮出血や萎縮性の膣炎、排尿障害などを併発する場合もあります。
また精神的な面でもいらつきや躁鬱、不眠や食欲低下など、統合失調症に似た症状を呈することが多々あり、深刻なものでは明らかなノイローゼが確認されることもあります。
これは卵巣機能の低下によるホルモン分泌量の低下が自律神経へ影響を及ぼすためことが原因であるとされています。
この段階で完全に閉経してしまうとそういうことはないのですが、たとえ更年期で卵巣の機能が衰えてきていても、排卵があれば妊娠は可能です。

リスクが高い更年期の妊娠。着床も産後もたいへん。

仮に月経が不順でも生理がある限りは排卵もある可能性があり、妊娠する可能性は充分にあります。
しかし黄体機能が低下しているので受精卵が上手く着床できなかったり、早期の流産になったりするリスクは非常に高いです。
一般に更年期の妊娠はリスクが高いとされ、医学的にもそれは確かな一つの事実です。
また生理がこなくなったと思っていても、完全に閉経していない場合には排卵の周期が不規則である場合が多く、いつが安全日かわからない、という状態になることもざらにあります。
もし更年期の妊娠を望まないのであれば、若い時以上に避妊について気をつける必要があります。
また更年期の妊娠の関連してよくある事例で、妊娠なのか更年期障害の症状なのかわからない、ということがあります。
これは更年期障害の諸症状と妊娠時の「つわり」が非常によく似ているためで、精神的な影響も似ているため、特に初期においては見分けがつかないことがほとんどです。
これは検査薬などを使えばすぐにわかることなのですが、どちらか区別がつかないうちは、場合によっては結果を確認するのに二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。
しかし、やはりそういう場合でもすぐに産婦人科へ行って検査をするべきです。
どちらにせよリスクはあるわけですし、また更年期の妊娠だった場合には選択肢を増やすためにも、専門の病院へいくのがベターだといえるでしょう。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  基礎知識 更年期と妊娠

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top