更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期の「むくみ」について。

更年期のむくみについて説明していきます。
更年期というのは人間の一生を五つの時期に分けたとき、成熟期と老年期の中間に位置する時期で、いわば老いの準備期間ともいえる時間です。
これは若いときの「たくさんエネルギーを摂取してたくさん活動する」という方向の代謝ルーチンから、「出来るだけ消費を抑えて燃費を上げる」という、身体の状態に適した代謝へと変遷していく過程の時期で、同時に身体にとって様々な変化があります。
具体的には女性は閉経や女性ホルモンの分泌量低下、男性も同様に性ホルモンの低下や筋肉量の減少など、主に生殖機能などがその役目を終えていく中で起きる変化が主になります。
これが身体にとって良くない影響を与えたり、またはそれに類するような症状を呈する場合を更年期障害といい、この更年期独特の疾患として認知されています。
この時期に生じる体の「むくみ」も、その典型的な症状のひとつとして認識されています。
「むくみ」の解消法としては、一般的にはリンパ液のマッサージや運動などがあり、腎臓の働きを整えることもポイントとされます。
それらは身体全体のバランスにもかかわることなので、「これだけやっておけば」という単純な解決法はなかなかないかもしれませんが、手軽に試せるのがサプリメントです。
身体はミネラルを使って新陳代謝を繰り返すといわれており、このミネラル不足を改善するだけでむくみもスッキリしたという例もあります。

詳細は頑固な足のむくみ克服体験談!元気必須ミネラル

「むくみ」以外の更年期の代表的な症状は。

更年期障害の症状はめまいや熱間、血圧の上下などの肉体的器質的な症状と、倦怠感やイライラ、情緒不安定などの精神的な症状の二系統があります。
これらの症状は統合失調症のそれに酷似していると言われ、いわゆる「具体的にどこが悪いとは言えないが、とにかく調子が悪い」という状態が長期に渡って続きます。
またこの肉体と精神の二系統の症状は互いに絡み合って表出するのが一般的で、どちらか片方だけ、というケースは非常に稀だといえるでしょう。
更年期の「むくみ」というのはこのうち肉体系の症状に属し、更年期障害の中でも多く見られる症状のひとつとされています。
更年期の「むくみ」も一般の「むくみ」と同様、細胞組織の血液の圧力バランスが崩れ、血管内の圧が増大することで発生します。
医学的には「浮腫」といい、主に身体の末端のに現れる痛みを伴わない腫れのことを指します。
対策としてはナトリウムの制限、水の制限、利尿剤の投与などがありますが、更年期のむくみの場合には、まず更年期障害自体を治療していったほうがいいでしょう。

対処療法の他にはホルモン療法や漢方、食事療法など。

更年期障害の治療は男女問わずホルモン治療が有効とされ、副次的な対処法として漢方や精神安定剤を用いた治療法も存在します。
しかしホルモン治療、特にエストロゲンは単独で使用すると子宮内膜ガンの発生率が上昇するというリスクがあります。
コレ自体は危険というほど高いものではないのですが、やはり使わずに治療できるならそれが一番でしょう。
そこでオススメなのが大豆イソフラボンです。
イソフラボンにはエストロゲンの代用として機能してくれますし、エストロゲンと違ってリスクもありません。これは更年期のむくみにも効果的なので、是非食生活の中に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期とむくみ

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top