更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

めまい? それも更年期障害の代表的症状。

更年期のめまいについて説明していきます。
更年期障害というのは一般にエストロゲンなどのホルモンの分泌量が減り、体内ホルモンのバランスが崩れることが引き金で発症する疾患で、主に閉経前後期の女性に起こりやすいといわれています。
四十歳以降の男性におこることもありますが、全般的に男性の更年期障害は女性のそれに比べて軽度であり、症状が出ていても「年のせいか」などという具合に気がつかないことがとても多いぐらいです。
これは男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減るのが、女性のエストロゲン減少に比べて比較的穏やかであることが主な要因です。
また男性の更年期障害は、特に男性更年期障害と呼称して女性のそれとは区別しています。
ただしこれはあくまで女性と比較して、という意味であり、男性の中にも強い自覚症状を伴うものや負担の大きい更年期障害をわずらう人もいます。
更年期のめまいは女性が更年期障害としてわずらうことが多い症状で、だいたいの場合は耳鳴りなどのその他の症状と併発して現れます。

更年期障害が現れるかどうかに個人差があるようにこのめまいに伴う症状にもそれぞれで差異があり、熱感やのぼせ、動悸、冷え性、頭痛、肩こり、しびれ感などがあります。
精神的な症状としては不安感や倦怠、感情の急激な上下など、統合失調症に良く似た表出のしかたをします。
更年期のめまいを含むこれらの症状は、実は統合失調症と絡み合っている場合も多く、両者の間に正確な線引きはありません。
さらに丁度この時期は子供の自立や夫の定年など人生の節目となることが多いこともあり、ストレスを抱えやすい時期であることも要因の一つでしょう。

更年期のめまいには回転性と浮動性があります。

更年期のめまいには二つの種類があり、それぞれを回転性めまいと浮動性めまいと言います。
回転性めまいというのは周囲がぐるぐる回転するように感じられたり、足下がふわふわしたりするような感覚のことを一般に指します。
対して浮動性めまいというのは、足元がおぼつかずふらつく感覚のことを言います。
めまいというのは平衡感覚を司る内耳の周囲に問題がおこり、実際の身体の挙動と知覚情報との間にズレが生じることが原因で、この他にも視覚や身体そのものに異常があることが原因でる場合もあります。
更年期のめまいは、血圧が原因であることが多いようです。
更年期障害の症状で血圧が上下し、脳へ流れる血流の量が低下してめまいが起こる、というわけですね。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期のめまい

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top