更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

甲状腺の基礎知識。

甲状腺と更年期障害は、浅からぬ関係があります。
まず、甲状腺についての基礎知識です。

甲状腺とは、のどぼとけの少し下にあり、蝶が羽を広げたようなかたち。
幅およそ4cm、厚さ1cm、重さ15gの平たい臓器のことを言います。
正常な状態の甲状腺はやわらかく、外から触ってもわかりません。

甲状腺の機能は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)という脳下垂体から分泌されるホルモンで調節されます。
甲状腺は、昆布やワカメといった海藻類に含まれるヨードを材料としてホルモンを作ります。
それが、トリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)という二種類の甲状腺ホルモン。
これをを生成し、血液中に分泌する働きを持っています。

これらの甲状腺ホルモンは、脳や心臓、消化器、筋肉、皮膚などの新陳代謝を促します。
さらに、心身の成長や生殖にも深く関わっており、特に胎児から3歳児までの脳の発達には必要不可欠な物質となっています。

そんな甲状腺ですが、甲状腺機能障害という更年期障害と間違えられるような病気を引き起こすことがあります。

バセドウシ病、橋本病、そして更年期障害…。

甲状腺機能障害とは、新陳代謝の異常をきたすことにより起こり、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症といった症状があらわれます。
甲状腺機能亢進症は、新陳代謝が過剰になり、食事をきちんと摂っているのに疲れやすい、動悸や発汗が起こる、イライラする、手が震えるといった症状が出ます。
この甲状腺機能亢進症として代表的なものには「バセドウシ病」が挙げられます。

甲状腺機能低下症は、新陳代謝が低下することによって、元気がなくなり、疲れやすくなり、寒さを訴え、むくみによって体重が増加し、脱力感や白髪、脱毛、しわがれ声、筋力の低下といった症状があらわれます。
この代表的なものとして、「橋本病」が挙げられます。

このように、甲状腺と更年期の症状には似通った部分が非常に多いため、甲状腺と更年期を勘違いして大変な事態に陥る可能性も潜んでいます。

甲状腺や更年期に似た症状を自覚したら、まずは医師に相談しましょう。
ただ、甲状腺の病気は、あまりひどい状態でなければ検査をしても見つけることは難しいようです。
重度の甲状腺機能異常があればコレステロールや肝機能の異常が発見されやすいのですが、軽度の場合は通常の化学検査ではわかりません。

甲状腺が腫れてこぶができても、首から下の以上に本人が気付くことも簡単ではありません。
ですので、甲状腺は更年期のような症状が出たら同時に疑うのも発見に有効です。
まだ若いのに更年期の症状があらわれたりした場合も、まず医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 甲状腺と更年期障害

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top