更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期のイライラ…ホットフラッシュ、体調不良や不眠などが原因の場合も。

更年期のイライラは、どのような要因で起こるのでしょうか?
更年期障害は、その特徴の一つとして「不眠」になることが挙げられます。
人間にとって睡眠は非常に重要なものです。
しかし更年期障害によって不眠に陥ってしまうと、体調が優れず頭痛やイライラが起こってしまいます。
そうなると、さらに更年期障害の症状を悪化させるという悪循環が起こってしまうのです。
更年期のイライラは、こうした原因で起こることが多いようです。
また、更年期には精神面でも今までとは変化があります。
更年期には比較的「親の介護」や「子供のこと」「夫が定年を迎える」といった生活の変化や懸念が多くなってくる時期でもあります。
こうした要素に加え、更年期障害による体調不良も起こるとなると、精神的に不安定になることが多くなります。
こうした気分を一新するために、趣味や習い事といった「自分のために楽しむこと」を模索するようにしましょう。

更年期のイライラは更年期障害の特徴的症状。治療は女性ホルモン療法や薬物療法など。

生理になるだけでもイライラすることがあります。
まして、更年期は、生涯のサイクルの中でのホルモン分泌のおおきな転換期。
更年期のイライラは、更年期障害の症状の一つでもあるのです。
そして、それは、「精神不安定」という症状も影響を及ぼしています。
婦人科では女性ホルモン療法を行いますが、うつ病の症状などは精神科でカウンセリングを受けた方がいい場合もあるようです。
うつ病の症状とは、「不眠」「朝起きれない」「朝の支度をする気になれない」「死にたくなる」といった症状のことで、こうした症状が出ているようなら一刻も早く精神科の治療を受ける必要があります。
身体に異常がない場合は、精神科の先生にじっくり話を聞いてもらうことが重要なのです。
近年では精神科への偏見もかなり払拭され、女性ホルモン療法や抗うつ剤や精神安定剤といった治療法で驚くほど改善された例が数多くあります。
一人で抱え込まずに、まずは医師に相談してみましょう。

更年期のイライラや精神不安…通常の精神疾患との区別は?

更年期のイライラなど、更年期障害と混同されやすい通常の精神疾患も少なくありません。
不安やストレス、葛藤、パニック障害や心気障害、人格障害、適応障害などが起こる神経症性障害。
感情や意見の面で極端な上昇状態と落ち込み状態が交互にあらわれる気分障害。
過度のストレスや心理的要因によって、皮膚や呼吸器、消化器などに身体症状があらわれる心身症。
更年期のイライラだと思っていたらこうした病気だったという場合もあります。
このどれにあたるかは、自己判断をせず、医師に相談することで防ぎましょう。
更年期のイライラは、罹ったことのない人にはなかなか理解されにくいものです。
周囲の理解と適切な治療がもっとも有効な対処方法だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期のイライラ

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top