更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期障害かな? のぼせやほてり=ホットフラッシュはそのプロローグかも。

更年期のほてりやのぼせについて説明していきます。
更年期障害というのは一般的に四十歳から五十五歳の間で発症することが多いとされ、その原因はエストロゲンやテストストロンの分泌量が低下することにあると言われています。
主に女性、閉経期前後の女性がわずらうことが多く、大病院では専門に扱う医師がいるほどメジャーな病気でもあります。

また男性の更年期は女性のそれに比べて比較的軽度な場合が多く、「年のせい」で片付けてしまう為に自覚しない患者さんもザラにいるほどです。
これは男性ホルモンであるテストストロンの減少が女性のエストロゲン減少よりも緩やかであることが原因です。ただし、これはあくまでも「そのような傾向にある」というだけで、中には女性以上に強い自覚症状があったり、重い負担のある人も多いです。

更年期障害にはめまいなど肉体系といらいらなど精神系があります。

更年期障害の症状は自律神経失調症の症状によく似ています。
その症状には主に微熱やめまい、血圧の上下や耳鳴りといった肉体的なものと倦怠感やいらいら、情緒の不安定や抑うつなどの精神的なものの二系統に分けられ、それぞれの系統によって対処法も変わってきます。
とはいってもこれらの二つの症状は互いに絡み合って表出するのが一般的で、どちらか一方だけというケースは稀です。
更年期のほてりやのぼせというのはこの分類で言うと肉体系の症状ですが、精神的な落ち込みからくる心因性の場合もあり、一概には完全な器質症状とも言い切れないのが現状です。

ホルモン療法や漢方薬などの治療があります。

対策としては、まず更年期障害そのものの治療を受けることをおすすめします。これは女性に対しても男性に対してもホルモン療法が有効とされていて、その外にも漢方薬や精神安定剤などを使う場合もあります。
大本になっている更年期障害そのものをまず治療すれば連鎖的に副次症状も消えますから、まずはその治療を受けるのがいいでしょう。
そして次が、更年期のほてりやのぼせへの対症療法です。更年期障害そのものを治療中であっても、症状はすぐに改善するわけではありません。
肉体的には改善の方向へ向かっていても、自覚する症状が軽くならなければ苦しいのは同じですからね。
更年期のほてりやのぼせに対しては、通常のほてりやのぼせと同様、身体を冷やすのがいいといわれています。風通しのいい場所でゆっくり休み、水分をとって安静にするのが家庭でも出来る最も効果的な方法でしょう。
更年期ののぼせやほてりに関しては、その他の諸症状といっしょに扱っているサイトもあるので、そちらも参照してみてください。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期のほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top