更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

誰にも訪れる更年期の不正出血。

更年期の不正出血について説明していきます。

更年期の不正出血はいわゆる更年期障害の一つで、女性に特有の症状です。
更年期障害はホルモン、特にエストロゲンなどの分泌バランスが崩れることによって起きる症状で、主に閉経前後の四十歳から五十五歳頃の女性に多いと言います。
更年期障害自体は四十代以降の男性に起こることもありますが、特に男性がかかるものは男性更年期障害と呼んで区別しています。

総合した症状は自律神経失調症に似ていて、脈が速くなる頻脈、動悸、血圧の上下、耳鳴り、腹痛、下痢、微熱、その外に女性では特に生理不順、勃起不全といった生殖器に類する症状も顕著です。

精神的には情緒不安定、不安感やいらつき、抑うつなどの症状が現れることが多いと言います。
これらの症状は、いずれも心身症の状態をみせることが多く、症状の強弱には精神的な要素が大きく関連してきます。

女性の場合は、閉経期になると卵巣ホルモンのエストロゲンの分泌が低下することによって起こることがほとんどです。
一方男性の場合は三十歳前後からテストロゲンの分泌が低下するため、結果的に四十代の後半から本格的ナ症状が起こることになります。

男性更年期障害においては女性のそれのように更年期障害の不正出血など、眼に見える異変というのは少ないですが、その分精神的にダメージが大きい場合が多いです。
しかし総じて男性更年期障害は女性のそれよりも軽度である場合が多く、日常生活を送るには問題がない場合がほとんどです。
これはテストロゲンの分泌低下がエストロゲンの分泌低下よりも緩やかであるため、症状が表出しにくいことなどが原因として考えられています。
多くの場合には単に「年のせい」と思って気がつかない人もかなりいるでしょう。

更年期以外のことが原因の不正出血の疑いは?

更年期の時期の不正出血で危険なのは、その原因が分からない場合です。
つまり、加齢によるホルモンの減少という自然の摂理が原因ならばよいのですが、別な原因も疑うことができるからです。
また、更年期障害の治療にはエストロゲンを使うのですが、エストロゲンを単独で使用すると子宮内膜癌が生じるリスクが高くなります。
年間に千人に四人ほどの割合で子宮内膜癌は発生し、発ガンのリスクはエストロゲンの使用料が多いほど高まっていきます。
更年期障害の不正出血で、すぐに原因が思い当たらないような場合には、すぐに病院へ行きましょう。
更年期の不正出血が常に大事に直結しているわけではありませんが、率直にいって他の症状よりも危険度として上位にあるのは確かです。
杞憂で終わればよし、そうでないと大変なことになりますからね。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 更年期と不正出血

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top