更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。
更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

30代の更年期について…の前に、更年期の概要をおさらい。

30代の更年期について解説していきたいと思いますが、その前に「更年期」についてのおさらいです。
更年期というのは人間の人生を五つに分類した時、成熟期と老年期の間にくる期間で、いわば「老い」の準備期間にあたる時間です。
そして更年期といえばつき物なのが更年期障害。
更年期障害はエストロゲンやテストストロンなどの性ホルモンの分泌量が減少することによって発症します。
その症状はめまいやのぼせ、発汗、動悸、血圧の上下などの器質的な要因にもとづく肉体面での症状と情緒の不安定、いらつき、倦怠感などの精神面での症状の二系統があります。
またこれらは明確に分類されているワケではなく、相互に絡み合いながら表出するのが一般的で、どちらか一方だけというケースは稀なようです。

ほてりや不眠などいろいろな症状がでる更年期、今では若年性の更年期障害も。

症状自体は統合失調症のそれに酷似しており、いわゆる「理由はわからないがとにかく調子が悪い」という状態が長く続きます。
この更年期というのは一般的に四十歳から五十五歳ごろまでと言われておりますが、中にはまだ二十代なのにこの更年期障害と同様の症状を訴える女性も増えてきています。
月経不順や腹痛、腰痛、動悸、息切れなど、本来は若い人とはあまり縁のないこれらの症状が表出した場合、中には「もしかして更年期?」と思う女性がいるかもしれません。
閉経の年齢は平均して五十一歳ぐらいなので、更年期はそれよりも若干早い四十台の後半から始まるのが一般的です。
しかし中には早発閉経といって、何らかの原因で通常よりも早く閉経してしまうばあいもあるのです。
この早発閉経による、一般的に多い年齢よりも早い段階で発症する更年期障害のことを若年性更年期障害と言います。

30代で見られる更年期障害のような症状…その原因は?

ただ、若くして閉経し、更年期のような症状が表出するというのは不幸ですが、実際に早発閉経になる女性はそれほど多くありません。
むしろ20代から30代での月経不順にともなう心身の不調は煙草やストレスなどの外的要因によることが多く、卵巣そのものは衰えていなくてもスムーズに機能させるためのホルモンが正常に分泌されていない、という状態にあることが多いのです。
30代の更年期になる人の原因で最も可能性の高いのは、ストレス、太りすぎ、痩せすぎ、そして激しい運動と煙草です。
また最近では30代の更年期に多胞性卵巣症候群という病気にかかる人もいます。
これは30代の更年期で卵巣の皮膜が厚くなり、成熟した卵子が外に出にくくなる疾患で、排卵されなかった卵胞が肥大化し、月経不順や月経の停止に繋がってしまう、というものです。
30代の更年期についてはこの他にも専門に扱っているサイトがあるので、不安な人は参照してみるようにしてください。

スポンサードリンク

【更年期辞典】Top >  症状について 30代の更年期障害

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top