更年期辞典トップページ > 基礎知識 > 男性の更年期 > 男の更年期は怒りっぽくなる?
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

男の更年期は怒りっぽくなる?

怒りっぽい性格の持ち主は、何も中年男性特有のものではありません。
ただ、以前は穏やかな性格だったのに、40代過ぎ辺りから性格が荒れ出したようなら、それは、男の更年期なのかもしれません。
男の更年期障害は、主として男性ホルモンの減少が原因となって起きます。
性機能の低下、筋力の低下、耳鳴りなど、体に出る症状は、その典型的なものですが、怒りっぽい、やる気が出ないなど、心に出る症状も特徴的です。
よほどの性格異常者は別として、40歳くらいまでは、いろいろと社会経験を積む内に、つまらないことで腹を立てることが次第に減り、精神的にも立派な大人となるものです。
ところが、男の更年期を迎えるころから、再び怒りっぽい人が増えてくるのです。

元々温厚な人だったのに突然、最近の若い者はなっとなん……式に声を荒げるようになるのは、それ相応の年齢に達し、感情のコントロールができなくなりつつある兆候と考えられます。
本人が自覚するケースもありますが、家族など周囲の人間から、このごろ妙に怒りっぽいようだなどと指摘されて、初めて気づくケースが大半なのです。

こういった変化は、単に精神的なものと済ますのではなく、男の更年期障害を疑ってかかる必要があります。
怒りっぽいというのも、その1つのシグナルとなります。

症状が、うつと重なる部分が多いことから、心療内科や精神科を受診することが多いようですが、男の更年期は、男性ホルモンの減少が主原因なので、抗うつ剤を投与しても一向に改善されることはないでしょう。
男性ホルモンを減少させるストレスを軽減させたり、ホルモン補充法で不足分を補ったりする方が、はるかに分があります。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top