更年期辞典トップページ > 基礎知識 > 男性の更年期 > 男の更年期の「うつ」
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

男の更年期の「うつ」

働き盛りの40代、50代の男性で、最近何だかやる気が起きない、集中できないといった悩みを訴えるケースは多く見受けられます。
一見すると、うつと症状が似ているのですが、男の更年期障害の現れである可能性も否定できません。
漫画家のはらたいらの告白やNHKで紹介されるなどして、徐々に世間に認知されるようになったとはいえ、男の更年期については現在でも否定的な医師は多数を占めます。
ですが、抗うつ剤を処方しても一向に症状が改善されないケースをいろいろ見るにつけ、精神的なものの他に、何らかの生理的な原因があると考えるのは、素人の目から見ても至極自然なことでしょう。

男の更年期障害は、主として男性ホルモンの減少が原因となって起こります。
いくら症状が似通ってはいても、原因が根本から異なっているので、抗うつ剤を処方され服用を続けたとしても、症状は一向に改善されないのです。

男の更年期障害は、やる気や集中力の低下といった精神的なもの、体がほてる、性機能の低下など身体的な症状があります。
40代、50代は、うつ様状態を呈することが多く、60代以降は、精神的な症状よりは性機能の低下など身体面に現れる症状を訴える傾向があると言います。

男性ホルモンは、加齢で次第に減少していきますが、過度のストレスによっても、てきめんに減少します。
男の更年期を乗り切るためには、一部の泌尿器科などでホルモン補充療法などの治療を受ける方法の他に、ストレスを軽減させることも重要な治療方法です。
忙しくて病院へ行く暇がないとか、気のせいだなどと、そのままストレスフルの生活を続けてしまえば、やがては正真正銘のうつのリスクを高めるだけです

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top