更年期辞典トップページ > 基礎知識 > 男性の更年期 > 男の更年期の年齢は?
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

男の更年期の年齢は?

一般に、女性は50歳前後で閉経期を迎え、その前後5年くらいを更年期と言い慣わしていますが、男の更年期というものも、実はあるのです。
女性と比較して、かかる年齢に幅があり、その上症状はどれもはっきりとせず、これまでは見過ごされてきたのが殆んどだったのです。
女性は、閉経を迎えることになると、女性ホルモンが急激に低下し、そのために更年期障害の諸症状となって現れてきます。
一方、男性ホルモンは、年齢とともに緩やかに低下するので、女性のような急激な変化は認められにくいのです。
40過ぎの男性が、やる気が出ない、イライラする、眠れないなどの不調を訴えても、一律に精神的なものとして済まされてきたものですが、時代は変わり今では、男の更年期かもしれないと考えるのが妥当とされるようになっています。

男の更年期障害は女性と同様、性ホルモンの減少によるものであることも明らかになっています。
男性ホルモンの減少は、年齢とともに生涯続くものなので、医療関係者は、更年期という名称に代えて、加齢男性性腺機能低下症候群、英語の略称でLOH(ロー)症候群という病名を好んで使うことが多いようです。

男性ホルモンは、20代前半をピークとして、後は年齢とともに次第に減少していきます。
減少率は10年毎に平均9.2%といったところで、40代から60代にかけて、男の更年期の諸症状が現れてくることになります。
また、男性ホルモンが減少するのは、ストレスも大きな原因です。
特に40代男性は、年齢的に職場では中間管理職、家庭でも住宅ローンや子どもの受験など、気の休まる暇もない時期でもあり、男の更年期となるリスク大で、心のケアが必要になるでしょう。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top