更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

漢方と更年期


漢方は中国発祥の医学を元に、日本で独自に発達した天然由来の生薬を使った療法です。
てっきり中国が本場だと思っていましたが、日本で独自に発展したもののようですね。
漢方という名前も当時オランダから伝わった西洋医学「蘭方」に対する、漢(中国)から伝わった医学ということで「漢方」となったそうです。
素材をそのまま使うのではなく、粉末や顆粒になっているので、品質がよく、安定していて効果が高いそうです。

代表的なものは「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などが、更年期の症状に有効とされています。

当帰は、血行を良くして身体を温める作用が、芍薬は生理痛や肩こりなどの痛みをやわらげる効果が。
加味逍遥散には、上半身の熱をさます、痛みを和らげる、無駄な水分を取る作用がある生薬が配合されています。
桂枝はのぼせや頭痛に良く、茯苓は余分な水分を取り、気分を落ち着かします。

漢方は症状だけを見るのだけではなく、身体全体の調子を見て、バランスを正常に戻すことを目的にして処方されます。
ただし、個人ごとの病状を把握してないと逆効果になることあります。
患者の症状、体質を正確に把握してバランスを整える薬を処方してもらうことが大切。
西洋医学のようなマニュアルが無いので、漢方に詳しい薬局や医師を受診するのが必要です。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top