更年期辞典トップページ > 関連ニュース&コラム > 更年期ビギナーブログ > 更年期で病院へ行くタイミングと検査、治療
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期で病院へ行くタイミングと検査、治療

のぼせやほてり、動機、頻脈、だるい、疲労感、頭痛、吐き気などいろいろな症状が出てくる更年期ですが、どれくらいつらくなったら病院へ行けばいいのでしょう。
がまんしないで、気になったら行くのがいいようです。

更年期の症状はバランスのとれた食事、運動、ストレス解消、休息などである程度は改善できますが、改善しない場合は医師に相談したほうがいいでしょうね。

病院では月経の状態、どんな症状がいつから出ているか、過去、現在の病歴、ストレス環境などを問診で詳しく調べ、更年期障害が疑われる場合は、血中ホルモン量の検査になります。
一度だけでは正確な検査結果が得られない可能性があるので数回行う場合もあります。

次に膣の様子を内診、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫の有無、細胞診などで子宮がんのチェックなど婦人科検診を行い、その結果他の病気がなく、更年期障害と診断されたら症状に応じた治療となります。

顔がほてる、のぼせなどの自律神経失調症の場合には、女性ホルモンを補充することでホルモンバランスの調整を行うホルモン治療、いわゆる薬物治療をメインに治療が行われます。

不安やイライラ、うつ状態など精神的な症状のものには薬物療法にカウンセリングなどの精神療法が併用される場合もあります。

ホルモン剤が使えない場合や、比較的に症状が軽い人には体質改善をするための漢方薬が処方されるなど、それぞれの症状、人によって適した方法が選択され治療を行われています。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top