更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期の症状が強く出るタイプ

症状が出るのはストレスの度合いや本人の性格体質などにもよりますが、その症状を自覚している人は30代後半で約65%、40代前半で約68%、40代後半では約88%、50代後半では約90%の人が何らかの身体の不調を自覚しているというデータがあります。

症状の出方や強さの差は、3つの要因が複雑に関係して起こると言われています。

まず身体的要因。
エストロゲンの減少の度合いは人によって違います。
卵巣を含む身体の各器官の機能の低下やホルモンバランスがの変化への適応能力、自律神経のバランスを調整する力などが弱い人は症状が強く出やすいと言われています。
副腎や臓器がもともと強い人は症状が少ないと考えられます。

次に心的要因。
真面目でなんでも完璧にこなさないと気が済まない人。ストレスに弱い人は症状が重くなりやすいと考えれています。身体の変化をマイナスにとらえてしまうこともその一因です。

そして最後が環境的要因です。
更年期までの期間は、子育て、嫁姑間のストレス、夫婦仲などストレスの要因が多く存在します。
さらに周囲の人との関係など余計にストレスになる状況もあります。
人によってストレス耐性は違いますが、副腎に負担をかけるとホルモンを生成できない状況になり更年期の症状が強く出るようになってくるのです。

更年期の症状を軽減するためには食事、栄養とともにストレスを解消し、副腎状態を良好に保つことが大切のようです。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top