更年期辞典トップページ > 基礎知識 > 更年期とエストロゲン > 更年期の障害はエストロゲンの減少が原因。
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

更年期の障害はエストロゲンの減少が原因。

更年期とエストロゲンの関係について説明していきます。
更年期というのは人間の一生を五つの時期に分類したとき、熟年期と老年期の間にくる時期で、いわば老いのための準備期間といえます。
これは年齢的には四十五歳から五十五歳ぐらいの間で、この時期に特に女性が更年期障害にかかりやすいと言います。
更年期障害の発症のプロセスにはホルモンが大きく絡んできています。
ホルモンは動物の体内において特定の器官で合成・分泌される体内物質で、血液や体液を通じて体内を循環し、別の特定器官でその効果を発揮する生理活性物質のことを言います。
生体の中で特定期間の働きを調整するための情報伝達を担う物質であり、栄養分などとは違ってホルモンの体液中の量はとても微量であるのも特徴です。
例えば典型的なペプチドホルモンの血液中の濃度は10-9mol/L程度と、極めて低濃度です。
そして女性の更年期に直接関わってくるのがエストロゲン。
閉経を迎えるにあたって、この分泌量が減少するのが更年期の原因だと言われます。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top