更年期辞典トップページ > 症状について > 更年期と発汗 > 発汗・寝汗…あわてたり心配しすぎたりしない。
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

発汗・寝汗…あわてたり心配しすぎたりしない。

更年期障害の諸症状は自律神経などの失調症にも良く似ているといわれますが、それは実はどちらもホルモンバランスの崩れによって起きる病気であるためです。
つまり更年期障害と自律神経などの失調症というのは、かかる時期によって病名が変わってはいますが、実質的にはとても近い病気だといえるでしょう。
更年期の発汗には血圧の上昇に伴う場合と、発汗作用そのものの異常によって症状が出ている場合がありますが、治療に際してはどちらの際も同じ方法をとります。
家庭で出来る最も有効な手段としては、まずベルトなどを緩めて風通しの良い場所へ移動し、気持ちを落ち着けてゆっくり深呼吸をすること。
更年期の発汗の原因はストレスや心配事などの精神的な理由であることが多いため、まずはリラックスすることが何よりも肝要です。
またこの際に過呼吸に陥っている場合もあります。
そういう時は吐くことを意識して落ち着いて呼吸をし、息を整えていきましょう。
またもしそれで収まらないような場合には、すぐに病院に連絡して診察を受けましょう。
他にはタオル地のハンカチを二枚用意し、一枚を冷凍室で冷やして一枚をレンジで暖め、まず熱い方のタオルで汗を拭ってから、冷たいほうのハンカチで汗をふき取る方法もあります。
シャワーを浴びたりしなくても気軽にリフレッシュできるという点でかなり便利ですし、またストレス解消にもなるでしょう。
また発汗といっても、寝汗がひどいということもあります。
就寝中、下半身だけとか上半身だけ、常軌を逸した発汗を経験する人もいます。
これも原因は自律神経の失調による「熱の偏在」「水の偏在」と考えられます。
特効薬はありませんが、漢方などにはそれに適した処方を見いだすことができます。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top