更年期辞典トップページ > 症状について > 更年期の動悸 > 動悸も更年期障害の一症状。本来的な心臓疾患や不整脈との区別が必要。
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

動悸も更年期障害の一症状。本来的な心臓疾患や不整脈との区別が必要。

更年期障害は一般的に四十五歳から五十五歳ごろの女性に起こることが多いとされ、エストロゲンなどのホルモンの分泌量が減少することが原因であるとされています。
これは主に女性がかかることが多い疾患ですが、男性の場合も四十歳以降に起こることがあり、この場合を特に男性更年期障害と呼んで女性のそれとは区別します。
ただ、男性更年期障害の場合は女性のそれと比べて症状が軽度である場合も多く、「年のせい」で片付けてしまい、自分が更年期障害であることに気がつかない男性もザラにいます。
これは男性ホルモンであるテストストロンの減少がエストロゲンの減少に比べて緩やかに行われることに原因がある為なのです。
ただし、男性の中には女性のそれより重い自覚症状や負担があったりすることも個人差によっては無いわけではなく、ケースバイケースであるというのも事実です。
とりあえずは、医師の判断を仰ぐのが第一でしょう。
更年期症状には息切れや血圧の上下、耳鳴りなどの肉体面での症状と倦怠感や抑うつ、いらつきなどの精神面に表出する症状の二系統があります。
これらの症状は二つの系統が絡み合って発現する場合が多く、どちらか一方だけというパターンはごく稀です。
これが更年期障害の症状が統合失調症のそれに似ているといわれるゆえんで、その治療は通常の他の疾患に比べて幾分難しいものとなります。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top