更年期辞典トップページ > 症状について > 30代の更年期障害 > ほてりや不眠などいろいろな症状がでる更年期、今では若年性の更年期障害も。
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

更年期に応えるサプリメントにはどんなものがあるのか?
一覧を見てみる
 ▼▼▼
更年期向けサプリ一覧表


スポンサードリンク

ほてりや不眠などいろいろな症状がでる更年期、今では若年性の更年期障害も。

症状自体は統合失調症のそれに酷似しており、いわゆる「理由はわからないがとにかく調子が悪い」という状態が長く続きます。
この更年期というのは一般的に四十歳から五十五歳ごろまでと言われておりますが、中にはまだ二十代なのにこの更年期障害と同様の症状を訴える女性も増えてきています。
月経不順や腹痛、腰痛、動悸、息切れなど、本来は若い人とはあまり縁のないこれらの症状が表出した場合、中には「もしかして更年期?」と思う女性がいるかもしれません。
閉経の年齢は平均して五十一歳ぐらいなので、更年期はそれよりも若干早い四十台の後半から始まるのが一般的です。
しかし中には早発閉経といって、何らかの原因で通常よりも早く閉経してしまうばあいもあるのです。
この早発閉経による、一般的に多い年齢よりも早い段階で発症する更年期障害のことを若年性更年期障害と言います。

……このカテゴリの記事一覧をみる

スポンサードリンク
関連エントリー

更年期辞典について

meganeman.jpg
更年期辞典】 
更年期にはさまざまな障害が生じることがあります。不正出血やほてり、基礎体温の変動といった女性特有の障害だけでなく男性にも発生し、若年性の更年期障害もあります。それらの更年期についての情報をわかりやすくキーワード別にまとめてあります。

スポンサードリンク

基礎知識

症状について

対策について

関連ニュース&コラム

サイト情報

サイトマップ   更年期辞典|Top